読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブ系IT系で学ぶ英語

ウェブ系で使われる英語を中心に豊富な例文と説明を紹介します。

how manyが主語でdoがない疑問文

基礎文法

whoやwhatの例と同じ原理で考えやすいです。

しかし、この形で使われることは、まれです。あまり見かけることはありません。

How manyを主語とする文の例

  • How many people are going?
  • How many people know?

 

比較

下の文ではhow manyは主語ではありません。

  • How many people did you meet there?
  • How many friends did you go camping with?

アプローチ1:主語をhow manyにするだけ

主語をhow many ~と置き換えて疑問文を作ります。他の箇所の語順は変えずに、文末に?を置きます。

how

文法からのアプローチ

how many peopleで一塊の意味なので区切りません。つまり、「何人が」という意味ではhow many do peopleなどにしません。

これが疑問詞なので、その前にdoやareを置きません。

areは元の文と同様に必要です。

一方のdoは使いません。このdoは主語と動詞を入れ替える代わりに使うものなので、how many peopleの後にyouなどの主語がないのでdoを置く場所はありません。