読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系の英語表現を学ぶ

IT系で使われる英語を中心に豊富な例文と説明を紹介します。

「実際に」の英語での言い方パターン比較

「実際に」に当たる表現は英語では敢えて言葉にしない方法で表現することもあります。つまり、

「実際に」

と言わずに

「やってみると」

などの言い方で表現するのです。

敢えて使うのであれば以下のような言い方があります。

  • in a real situation
  • actually
  • doやdidなどで強調する

「実際に」を表現しなくても、「やってみると」や「自分自身で」などで似たニュアンスを表現できます。

例文

actuallyを使って

実際にやってみると思っているより難しいかもしれません。

When you actually do it, you might be surpirsed it is actually a lot harder than you think.

in real situationを使って

実際に(実際の場面に)でくわしたら、私の言っている意味がわかる。

When you bump into things like that in real situations, you'll get what I'm talking about.

doなどを使って

実際に日本に来てみたら、こういうことが普通だってわかる。

If you do come to Japan, you'll be surprised that's nothing special here.

→実際に起こるということをdoを使って強調しています。

 

 

 

「自分でやってみると」で代用

実際にやってみたらわかるよ。

You'll see it if you do it on your own.

→「実際に」の代わりに「自分で」と表現してみました。

「実際には」との区別

日本語で考えてみても、「実際」と「実際には」には違いがあり、英語でも区別します。actuallyはどちらの意味でも使えます。

以下の言い方は「(意外なことに)実は」という意味なので、「実際にやってみると」という言い方とは別の意味です。

  • in fact
  • as a matter of fact
  • actually
  • (but) in reality

ちなみに、英語話者はしょっちゅうactuallyを使う口癖の人がいます。これとthe thing isの口癖は意味としては同じです。

ネイティブがよく言うthe thing isの意味 

 

実際の製品は異なる場合があります。の英語表記

ACTUAL PRODUCT MAY VARY.

<日常会話の英語>