IT系の英語表現を学ぶ

IT系で使われる英語を中心に豊富な例文と説明を紹介します。

英語でたくさん、いっぱい、多いを表す色んな言い方比較

  • a lot of
  • lots of
  • many
  • a number of
  • plenty of
  • a great deal of
  • numerous
  • a bunch of / a whole bunch of
  • heaps of
  • tremendous

比較

a lot ofとlots of、manyに意味の違いはありません。普通はa lot ofを使えば問題ないです。話し言葉ではa bunch ofを好む人も多いです。

 

一方で、quite a fewは「結構多い」という意味で、驚くほどべらぼうに多いと言うほどでもないニュアンスを感じます。

 

 

 

いっぱいを強調する

  • lots and lots of
  • a whole lot of
  • so many
  • a whole lot of
  • a whole bunch of
  • a substantial amount of

天文学的な数字と言う意味でastronomicalもあります。

無限にある場合は

  • infinite amount of
  • innumerable
  • countless

等が使えます。

文型

人によっては、manyは否定文で主に使い、肯定文でa lot of/ lots ofを使うと言う先生もいます。

水(water)のように数えられないものに対してはmanyではなくmuchを使います。(可算名詞・不可算名詞)

しかし、コーヒーやビールの種類等の場合は数えられると見なされる時はmany coffeesなどの言い方もあります。

アメリカ人がThere's a lot of xxと単数形のisを間違えて使うこともありますが、文法的には間違えていますが自然な表現としてよく使われます。

<日常の英会話>