読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブ系IT系で学ぶ英語

ウェブ系で使われる英語を中心に豊富な例文と説明を紹介します。

「まねしないでください」や「よい子はまねしないでね」を英語で言うと

英語で言うと

「(危険ですので絶対に)まねしないでください」という注意書きは英語で

Do not attempt.

この表現が一番よく使われます。

「危険ですので」の部分は簡略化してDANGER!と書かれます。

 さらにDo not attempt with your car.のように具体的なものを置くこともあります。

「よい子はまねしないでね」に比較的に近いのは

Don't try this at home.

 

 日本語と英語では文章の発想が違いますが、意味するところは同じです。

専門家の監修の下行っております。

この注意書きによくついてくるのが「この番組では専門家の監修下で行っております」のような文です。英語でも似た表現がありますが、場合によって色んな言い方があります。

The follwoing show features stunt performed either by professionals or under the supervison of professionals.

ネットでwarningというキーワードで画像検索すると警告文の例が出て来ます。

テレビ番組関連単語

  • 自主規制音:censor bleep sound, censor beep sound, bleeping
  • 自主規制:tolerance

直訳のDon't imitate.がダメな理由

なるべく英語圏でよく使われる表現をそのまま使うのが良いです。そのほうが自然な表現で見る人が分かりやすく、間違えて格好悪いと思われるリスクを避けるためです。

英語圏で通常使う表現ではありません。日本語から直訳して、英語でも普通に使う表現と同じ場合もありますが、意味が通じないほどひどい場合もあります。

すでに使われているものと同じ表現を使うのが良いです。